資料の紹介

 雑誌や新聞、テレビなど、これまで広告に効くとされてきた媒体が縮小傾向にある。それらに代わって台頭してきたのがインターネットで、特に注目を集めているのがスマートフォンである。スマートフォン上では、動画や音楽、URL、3Dなどの多様なコンテンツが扱える。

しかし、どのようにしてユーザーにリーチすればいいだろうか。

 その答えのひとつがAR(拡張現実)アプリだ。商品パッケージやパンフレットなどに印刷したマーカーに対してスマホをかざすと、データがダウンロードされ、ARコンテンツを表示する仕組みだ。3Dを利用すれば商品をさまざまな角度から眺めることができる。

ネット広告は不特定多数の人に対して広告を表示し、リンク先にジャンプしてもらう必要があるが、ARアプリは顧客がいま手にしているモノからスマートフォンを使って商品情報に直接ジャンプする。

 本資料は、ARアプリを使った体験のあるユーザーのARに対する意識調査の結果を分析したものである。ARアプリをダウンロードした理由から利用頻度、効果などについて説明。その結果から広告媒体としてのARアプリの有効性を解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。