資料の紹介

 WANは企業の拠点やデータセンター、クラウドをつなぐ重要なインフラだ。しかし、近年、WANの利用形態が大きく変わりつつある。たとえば、Office 365などのパブリッククラウドを活用する企業が増え、モバイルデバイスを使って社外で4G LTE回線を利用するのが当たり前になった。

 ところが、従来のWANは、こうした変化に追随できていない。Office 365のようにインターネットに直接流せばいいトラフィックを、わざわざ専用線経由でインターネットに流してパフォーマンスを低下させたり、拠点ごとに4G LTE回線を敷設して、管理負荷とコストが増大したりといった問題が起きているのだ。

 そこで注目されているのが、SD-WAN(Software-Defined WAN)だ。これは、物理的なWAN上にソフトウエアで定義された仮想的なネットワークレイヤーを用意する仕組みだ。SD-WANにより、たとえばテレビ会議アプリは専用線、Office 365はインターネットというようにアプリごとに回線を自動的に使い分けたり、組織変更に合わせてWAN環境を迅速に変更したりできるようになる。いよいよ本格的に普及すると予想されるSD-WANのインパクトを、本資料で、ぜひ確認してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。