資料の紹介

 人工知能に飛躍的な進歩をもたらした機械学習は、すでに多くの領域で実用化され、さまざまな成果を生み出している。それはITインフラの運用にも当てはまる。

 企業で運用されているサーバーやストレージ、ネットワークなどのITインフラの情報はクラウドに送られ、そこで蓄積された膨大な情報は機械学習によって解析されている。その結果、障害の発生を事前に予測することが可能となり、障害発生前に必要な対策を打つことで、運用負荷を大幅に低減することに成功しているのだ。

 本資料は、こうした予測技術のIT運用への影響を、コストも含めて詳細に調査したレポートだ。それによると、トラブルの86%は顧客が認識する以前に自動解決されている。その結果、予測技術を使わない場合と比べて、トラブルチケット件数は73%減少し、IT運用コストは79%削減できたという。本資料に目を通せば、もはやIT運用には、機械学習による予測技術が不可欠であることが納得できるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。