資料の紹介

 クラウドはいまや、企業情報システムに無くてはならない構成要素になった。多くの企業が、オンプレミスとクラウド、パブリッククラウドとプライベートクラウドを使い分けたり、組み合わせたりしながら業務をこなしており、これらの境界線もめまぐるしく変化している。

 その結果、運用管理担当者は、パブリッククラウド固有のツールやオンプレミスの従来型運用ツールなどの要件を、製品ごとに異なる方式に合わせて決めていく必要に迫られている。管理が統一されていないために効率や生産性が悪化し、ITサービスの提供に時間がかかったり、イノベーションのための投資が削られることもある。

 本資料ではこれらの問題への対策として、オンプレミスやクラウドの境界を越えて、同一のインタフェースや運用プロセスを実現し、運用管理業務の平準化や運用ノウハウの向上を可能にするというハイブリッドクラウド管理ソリューションを紹介する。特定のクラウドに依存せず、あらゆるクラウドやオンプレミス環境でITサービスの設計、展開、管理を支援できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。