資料の紹介

 2020年1月、Windows 7のサポートが終了することを受けて、Windows 10への移行を検討している企業も多いだろう。しかし、Windows 10は、従来のWindowsとは大きく異なるOSだ。特に企業が留意すべきなのは、Windows 10が「WaaSモデル」を採用していることだ。

 WaaSとは「Windows as a Service」のことで、ユーザーが何もしなくても、自動的に機能が更新される仕組みのことだ。WaaSにより、つねに最新機能が利用できて、セキュリティが強化されるメリットがある反面、企業のIT管理者には従来とは異なる作業や考え方が求められる。

 本資料は、IT管理者が考えるべきこうしたポイントを、イラスト付きで分かりやすく説明している。「Insider Preview」や「Semi-Annual Channel」などがある更新モデルのどれを選ぶべきか、既存アプリの互換性検証やアプリ開発、インフラ管理はどう変わり、どう対応すればよいのか。Windows 10のWaaSモデルが企業ITに与える影響と、その具体的な対策を確認できる。Windows 10への移行を検討しているすべての企業に、参考になる内容だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。