資料の紹介

 金融、製造、流通などあらゆる分野で、画像解析や自動機械学習ツールを導入して、業務の効率を向上させる事例が後を絶たない。株価の自動予測、取り引きの異常検出、自動運転、商品の分類・仕分け、医用画像の診断、交通の動線解析など、画像解析や機械学習の適用業務は増えつつある。

 しかし、システム導入の初期コストに加え、利用/運用に必要な人員やスキルといったハードルが高いため、利用に踏み切れない企業も多い。一方、設備費用や資産管理、運用などのコストダウンのためにクラウド化するにしても、セキュリティ上の問題はないか気になるところだ。

 本資料では、米エネルギー省のスパコンに採用されたGPUを搭載したプロセッサの処理能力と、深層学習向けフレームワークをクラウドで提供するサービスを詳しく紹介する。自社専用区画を設けられるようにしてセキュリティを確保し、ベアメタル回線によりコストを抑制している。オペレータによる障害時の一次対応など、各種支援サービスも用意した。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。