資料の紹介

 クラウドコンピューティングは今や、企業情報システムにとって当たり前の選択肢の一つになった。機械学習や画像処理といった先進技術を活用する研究開発においても、AWSやMicrosoft、Googleが提供するクラウドサービスが利用できるようになっている。

 その一方で、情報システムのクラウド化は推進しているが、研究開発など企業の生命線となるシステムについてはオンプレミスで動かす、といった使い分けをしている企業も少なくない。画像処理を専門に研究してきた東京大学出身の技術者らが中心となり、2004年に設立したモルフォもそうした企業の1社である。

 本資料では、モルフォが実際どのような環境でサーバーを動かしているかを紹介、同社が研究・開発でオンプレミスにこだわる理由について説明する。ディープラーニング(深層学習)用サーバーのクラウド化は、ピンポイントでの利用ならともかく、コンスタントに使い続ける場合には、コスト面で見合わないという。


アプリケーションの高速化
VDI用に最適化された2Uの2ソケットプラットフォームに、アクセラレータカード、ストレージ、コンピューティング能力を最適なバランスで搭載し、アプリケーションのパフォーマンスを最大限引き出します。
インテル® Xeon® Platinum プロセッサー
Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。