資料の紹介

 「サービスを迅速かつ確実に増強でき、コストが適正であること」。これは、ほとんどの企業がITインフラに求める要件だろう。クラウドはサーバー集積率が高く、リソースの追加が容易で、効率の良いインフラではあるが、すべての企業の業務に適しているわけではない。

 徳島県の世帯の約半数が契約しているというケーブルテレビ徳島は、激化する競争に勝ち残るための柔軟で効率のよいインフラとして、Xeon搭載のラック型サーバーを3台導入し、Linuxの仮想サーバーとして利用している。扱うデータ量が多くネットワークコストが膨らむため、現時点でのクラウド利用は難しいと判断した。

 本資料では、ケーブルテレビ徳島がオンプレミスサーバーでいかにして柔軟で安定したサービスを実現しているかを紹介する。同社が抱えている「最小限の人員でコストも抑えつつ高度なサービスを提供」「情報システム基盤もさらに効率化」という課題は、ほぼすべての企業に共通するものだろう。


アプリケーションの高速化
VDI用に最適化された2Uの2ソケットプラットフォームに、アクセラレータカード、ストレージ、コンピューティング能力を最適なバランスで搭載し、アプリケーションのパフォーマンスを最大限引き出します。
インテル® Xeon® Platinum プロセッサー
Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。