資料の紹介

 2018年9月、経済産業省は『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』を発表した。そこでは、2025年までに起きる3つの危機が指摘されている。まず、国内IT人材が40万人規模で不足し、COBOLなどの古い言語で構築されたシステムを扱える人材がほぼいなくなる。そして、21年以上を経過する基幹系システムが全体の6割を超える。さらに、SAP ERPの標準サポートが終了する。これらが一気に起きるのが2025年なのである。

 そしてレポートは、既存のレガシーなシステムから脱却し、変化に柔軟に適応できる持続的成長の基盤を確立しなければ、激化する市場競争で淘汰されると警告している。つまり、2025年までにレガシーな基幹系システムを刷新し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現できるかどうかが、企業の生死を分けると指摘しているのである。

 本資料は、そのためにいま、情報システム部門が何を考えるべきか、実行すべきかをまとめたレポートだ。対応を先延ばしすれば、それだけ問題解決は困難になる。残された時間はあまりない、まずは、本資料に目を通すことから対策を開始してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。