資料の紹介

 企業・組織を取り巻くデータは、爆発的に増えている。調査会社IDCによると、2025年までにデータは現在の10倍に増えると予測されている。中でも急増しているのが、文書、メール、PDF、テキストファイル、写真、ビデオ、ソーシャルメディア……等々のフォーマットやサイズがバラバラでデータベースでの管理が難しい非構造化データだ。

 こうした非構造化データは、人工知能やIoT、ビッグデータ解析などに不可欠だ。したがって、非構造データを活用できるかどうかが、今後の企業の命運を分けるといっても過言ではない。そこで重要なカギを握るのが、非構造化データを保存するために開発された「オブジェクトストレージ」である。

 本資料では、今後、確実に重要性が増すオブジェクトストレージについて、その製品選択のポイントが解説されている。たとえば、スケールアウト時に直線的にパフォーマンスが向上することは重要な条件だ。大量のデータを保存できても、スピードが低下したら使い物にならないからだ。他にもチェックすべきポイントは少なくない。非構造化データの活用を検討しているなら、まずは目を通しておきたい基本資料といえるだろう。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。