資料の紹介

 2019年10月1日、消費税率が10%に引き上げられた。一部の商品については消費税を8%に据え置く軽減税率などの経過措置により、複数の税率が混在している状況だ。その影響は、小売業や飲食業など軽減税率の商品を扱う企業だけでなく、全ての事業者におよんでいる。

 しかしすべての事業主がこの状況に対応できているとは考えにくい。2019年初めに実施した消費税に関する実態調査(※)では、軽減税率について自社の対応が「進んでいる」と回答した人はわずか2割弱だった。主な要因として、「業種、規模によらずあらゆる企業で対応が必要」との認識が十分に浸透していないことが考えられる。

 本資料では上記のアンケート結果の詳細を紹介するとともに、今回のような税制改正への柔軟な対応を実現する1つの方法として、中堅・中小企業向けの財務会計システムや経費精算システムの活用を提案する。消費税改正に関する実務情報の特集サイトも紹介している。

※「消費税・軽減税率など税制改正への対応」についての実態調査(ミロク情報サービス、ZDNet Japan)

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。