資料の紹介

 社内の業務で、Excelがあればとりあえず対応できる業務は数多くある。例えば、社内アンケート、請求書作成、送付状作成、納品書作成、予算実績管理、見積作成、棚卸業務、人事考課、目標管理など、数え上げるときりがない。しかし、たくさんの人がたくさんの業務を行っているがゆえに問題もまた多い。

 「誰かExcel開っきぱなし?」というファイル共有問題、「あのExcelファイルはどこに行った?」というファイル管理問題、「ファイル間の連携が面倒」という複数ファイル問題、「ファイルが壊れた!」というデータ保存問題など、こちらも挙げていくときりがない。

 これらの問題をスマートに解決するためには、Excelで実施している作業の「アプリ化」とクラウドでの管理が鍵になる。本資料は、Excelを活かして業務を改善しつつ、上記の問題を解決する方法を解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。