資料の紹介

 顧客接点の窓口として、オペレーターの代わりにAIチャットボットを導入するケースが急増している。しかし一向に正答率が改善されず、「年中無休で人間のように答える万能AI」は幻想でしかなかった――そんな声も多く聞かれる。これは、チャットボットに多くを期待しすぎた結果である。

 まずチャットボットはツールであり、人間のすべてを代替するものではないことを念頭に置くべきだ。成功のポイントは「何をどこまで担当させるか」といった役割の設計、ユーザー体験を向上させるパーソナライズ、顧客に親しみを持ってもらうキャラクター要素、アクセスしやすいインタフェースの選択などになる。

 本資料では、これらチャットボットの導入・構築に欠かせないマナーを分かりやすく解説する。電話・電子メールに代わるビジネスのコミュニケーションチャネルとして期待されるだけに、チャットボットの特性を見極めて配置する必要があると説く。その上でコーディング知識が不要な高精度のAIチャットボット構築プラットフォームを紹介。95%の正答率を誇るという本プラットフォームの導入により、企業と顧客の関係性に新たな可能性をもたらすとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。