資料の紹介

 企業は他社に先駆けて新しいアイデアから新しい製品やサービスを生み出し、短期間で市場に展開することが求められている。ところが、従来のITインフラでは、こうしたニーズに応えることは難しい。特に問題となるのが運用だ。物理と仮想、オンプレミスとクラウドのように異なるシステムが混在すると、その管理の手間・コストが膨らみ、ビジネスの足かせになってしまうのだ。

 こうした問題を解決するため、さまざまな取り組みが行われている。たとえば、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)もその1つだ。サーバーとストレージを一体化することで、拡張性と運用性を圧倒的に高められる。また、最近のデータセンターでは、サーバーやストレージ、ネットワークなどのリソースをAPI経由で管理し、運用効率を高める動きも活発だ。

 ただし、こうした取り組みも最新のITインフラがなければ実現は難しい。本資料では、物理サーバーを仮想マシンのように管理できる最新のITインフラと従来のインフラについて、運用管理の手間・コスト、投資対効果を徹底比較している。最新のITインフラが持つ実力とそのメリットをぜひ確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。