資料の紹介

 コンバージド、ハイパーコンバージドと、ここ数年のエンタープライズ向けITインフラは“統合”“仮想化”“シンプル”をキーワードに進化を続けてきた。そして今、次世代環境として注目されているのがコンポーザブル・インフラである。

 コンポーザブル・インフラは、CPU、ストレージ、ネットワークを1つのラックに統合し、物理環境と仮想化環境を単一リソースとして扱える柔軟性を持つ。すなわちハードウエアとソフトウエアがより密接に結びついたITインフラだ。圧倒的な拡張性、多様なワークロードへの対応、構成機器の単純化といったメリットがある。

 本資料では、コンポーザブル・インフラを実現するブレードシステムについて説明している。凝縮された統合環境によりインフラ機器を極限までシンプルにしながらも、1Uサーバーと同等の拡張性があるという。また、独自APIにより仮想サーバー環境のような感覚で物理サーバー設定や役割変更が可能。オンプレミス環境にパブリッククラウドと同等の扱いやすさをもたらすとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。