資料の紹介

 多くの企業が最新テクノロジーを競って採用し、ビジネスのデジタル化を加速させている。こうした状況で成功のカギを握るのは、「アプリケーションの開発からテスト、リリースに至るプロセスの高速化」と「変化に適応できる柔軟で俊敏性に優れた実行基盤」である。

 パブリッククラウドはそのためのソリューションの一つとなり得るが、セキュリティやコンプライアンス面での制約から、選択できないケースも少なくない。かといって、従来のオンプレミス環境で、DevOps(開発と運用の連携)/アジャイル開発や自動化ソリューションを実現するのは難しい。

 本資料では、コンテナ環境、仮想/物理環境を、統合されたリソースプールとして扱い、データセンター全体のリソース割り当てを自動化することにより、柔軟性と俊敏さを備えたオンプレミス環境を実現するソリューションを紹介する。クラウドネイティブアプリの開発、構成管理の自動化が可能になるほか、従量課金・月額制で利用することでコストの最適化も図れるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。