資料の紹介

 顧客がよく行く店の前を通り過ぎようとしたとき、その日、その店舗で購入した場合のみ有効になる割引のお知らせが届く――今や、こういったシステムを構築することが可能になってきた。商品やサービスを提供する企業と顧客との信頼関係が密になり、顧客データと顧客の行動を関連付けてリアルタイムに対応できるからだ。

 顧客は手元にあるスマホを使って、メールやメッセージ、チャットボット、そしてWebサイト経由であらゆる企業と瞬時にやり取りできる。ある意味、顧客と企業の関係はピークに達したようにも思えるが、まだこれからだ。顧客と企業をつなげる手段は増える傾向にあり、顧客と企業の関係は現状よりも近くなる可能性が高い。つまり商品やサービスを提供する企業にとっては、大きなチャンスがやってこようとしている。しかし、このチャンスを生かすには、従来型のシステムでは難しい。リアルタイムに送られてくる顧客データを取得し、処理して、タイムリーに顧客に対して提案しなければならないからだ。

 本資料では、より密になる顧客と企業の関係を生かすためには、どういったシステムが必要なのかを、業界別のシナリオも交えながら解説している。併せて、NetflixやUberなどで使われているシステムを例に、最新のシステム構成も解説している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。