資料の紹介

 クラウド活用が一般的になった今でも、基幹システムに関しては自社やデータセンターのオンプレミス環境で動かしている企業がほとんどだ。しかし、企業のIT基盤にさらなる俊敏性と柔軟性が求められる現在、オンプレミスとクラウドの2つの環境に分断されているデータやアプリケーションについても、環境の差を意識せず統合的に使いたいという要請が強まっている。

 オンプレミス環境にある基幹業務システムの多くが、VMware vSphereによる仮想化基盤上で稼働している。このVMware製品による仮想化環境をクラウドサービス事業者の基盤に移行させるには、これまではアプリケーションの作り直しや設定の変更などが必要になり、決して簡単な作業ではなかった。

 しかし、近年になってようやく、オンプレミスのVMware製品による仮想化環境をクラウドへと移行するための“土壌”が本格的に整ってきた。本資料では、その具体例として2大クラウドプロバイダーが提供するVMwareクラウドサービスを挙げ、徹底比較する。クラウド化の目的、どのシステムを移行しどれを残すのかといった既存環境の整理をしたうえで、じっくりと比較検討したい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。