資料の紹介

 オンプレミスの基幹システムの多くでこれまで進められてきた仮想化は、物理的に分散していたサーバーを仮想化し統合することが目的だった。VMwareなどで仮想化されるシステムはミッションクリティカルな「守り」のシステムが多いため、今後は高品質の運用を維持しながらコストをさらに下げる「コスト最適化」が求められる。

 クラウドサービスの活用は、その実現方法として有望だ。しかし、仮想化統合を終えた企業が仮想化環境をクラウドへ拡張しようとする場合、サイロ化の解消が次なる課題となる。さらに、DR(ディザスターリカバリー)の仕組みを構築したい場合には、複数拠点にハイブリッド環境を構築する際の「コストの二重化」も課題となる。

 本資料では、こうしたITインフラのトレンドや新たな課題、仮想環境の効果的なクラウド移行シナリオについて専門家が概説した後、選択肢の一つとして、オンプレミスの仮想化環境をそのままクラウドで活用できるようにするハイブリッドクラウドサービスを提示する。仮想マシンを無停止でクラウドに移行できるうえ、低コストでDRサイトを構築できるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。