資料の紹介

 現在主流になっているハイブリッドクラウド環境は、俊敏性、セキュリティ、スピード、柔軟性といったメリットを企業にもたらすが、IT環境が複雑化することで、管理しづらくなる場合がある。他方で、SAPやOracleのような基幹系業務アプリケーションがもつ複雑性のために、クラウドへの移行自体が困難な場合もある。

 また、データ移行、セキュリティ、データに対する主権といった懸念から、ユーザー部門の支持が得られなければ、クラウドを活用したビジネス変革は困難になる。これらの問題を解消し、基幹業務アプリへの投資効果を改善するため、クラウド環境の最適化に必要な手段として「マネージドクラウドサービス」への注目が高まっている。

 本資料では、260人以上の経営層およびIT部門の管理職などを対象に、マネージドクラウドサービス(MCS)導入にあたっての懸念事項や、実際の導入効果を尋ねた調査結果を紹介する。MCSの導入によって、IT要員は煩雑な運用業務から解放され、より優先度の高い、ビジネスに貢献する取り組みに専念できるようになるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。