資料の紹介

 いまやクラウドは、企業システムに欠かせないインフラとなった。さらに現在は、複数のクラウドを目的によって使い分けるマルチクラウド環境も増えつつある。その結果、クラウドの運用・管理は複雑化し、その運用・管理を外部パートナーに委託する企業も増えている。

 ただし、そのパートナーが自社と同じ知識しか持たず、簡単な作業だけを行っているとしたら、ビジネスをさらに発展させることは難しい。なぜなら、いまやクラウドとビジネスは一体化しているからだ。ビジネス側の要求に応じて素早くインフラを用意したり、AIやIoTなどの最新技術を活用できなければ、クラウドの真のメリットは享受できない。

 そこで求められるのが、運用・管理にとどまらず、アドバイスや助言もできる「マネージド・クラウド・サービス・プロバイダ」だ。運用・管理を引き受けることで、IT部門がより重要な業務に集中できるようになるとともに、最新のテクノロジーやトレンドに関するアドバイス・提案もできる新しいタイプのパートナーが求められているのである。本資料で、こうしたパートナーの重要性と価値を確認したい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。