資料の紹介

 デジタル経済の影響は、ビジネスのあらゆる面に及んでおり、新しいビジネスモデルや顧客体験の向上、財務実績の改善につながるイノベーションの源泉となっている。アプリケーションやサービスの土台となるITインフラをビジネスの要請に応じて拡張して、業務改善を可能にし、経営効率と俊敏性を高めることは、喫緊の課題と言える。

 しかし、多くの企業に存在する老朽化したITインフラでは、ビジネスの要請に素早く対応したり、新たに発生する膨大なデータを活用したりすることは難しい。既存の業務プロセスを混乱させることなく、パフォーマンスの改善やデータセンターのコスト削減を実現し、需要の変化に対応できる柔軟性を備えたITインフラが必要だ。

 本資料では、このようなニーズに応えられるITインフラ構築の手立てとして、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を紹介する。HCIの導入により企業は、従来の基幹アプリケーションへの投資を保護しながら、統合されたマルチクラウド管理、高度なデータ分析、自動化されたセキュリティ管理、機械学習機能を実現し、基幹アプリケーションを最新の状態に強化できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。