資料の紹介

 ITに対するビジネス部門からの“圧力”がますます高まるなか、ITインフラの複雑化が進み、最適なデータセンターや周辺システムの設計はかつてなく難しくなっている。企業のIT部門を対象とした調査では、ITインフラが複雑化する原因として、最も多くの回答者が「データ容量の増大」を挙げている。

 実際、高速データベースをはじめ、仮想化やファイル環境、ディレクトリなど、多くの用途で、データ増への対策としてフラッシュストレージが投入されている。最近では、フラッシュ技術の潜在能力を最大限に引き出す新しいデータプロトコル「NVMe」の登場により、そのメリットはさらに増している。とはいえ、こうした最新技術の採用が、ITインフラをますます複雑にしていることも事実である。

 本資料では、企業のストレージ環境が抱える課題を整理した後、今日のITインフラの複雑さ解消に向けたストレージソリューションを紹介する。データセンター全体を対象とし、事前に検証された、包括的な管理や自動化を可能にするソリューションにより、最新技術の潜在能力を大きく引き出すと同時に、インフラのコストを抑制できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。