資料の紹介

 見込み客を獲得しようとWebサイトの運用やメルマガ作成に力を入れていても、思うように成果が上がらない。そんな悩みを抱えるマーケティング担当者は少なくないだろう。MA(マーケティングオートメーション)導入を勧められても、実際の運用イメージは湧きにくい。

 実は、顧客が営業担当者と直接話す対面の商談は決して多くない。対面の商談1件の背後には、650件もの匿名の潜在顧客が存在するというデータもある(※)。Webやメールなどで情報収集をしている段階の“見えない顧客”に効率よく働きかけ、自社への関心をいかに高めていくかが、商談作りの成果を左右することになる。

 本資料では、悩めるマーケティング担当者の視点に立ち、確実に商談を作る仕組みとしてのMAツールの必要性について、マンガで分かりやすく解説。そのうえで、人手が足りない現場でも無理なく導入し、無理なく活用できるMAツール選びのポイントを示している。

※ SATORI調べ

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。