資料の紹介

 DRとはディザスタリカバリー(Disaster Recovery)の略で、「災害復旧」を意味する。ITの文脈では、DRはITシステムの災害復旧を意味する。ITシステムが企業のビジネスに不可欠となった現在、地震や津波、台風、集中豪雨などの自然災害、さらにテロなどに備え、被害に遭っても迅速に復旧できる準備をしておくことは、非常に重要だ。

 ただし、その取り組みの中身は企業によって異なる。たとえば、重要なデータを同じ建物内でバックアップしている企業は、建物全体が被害を受けたとき復旧は困難になるだろう。また、大規模な地震が発生すると、通信網や電力網が被害を受け、さらに復旧が困難になる可能性もある。このように、DRを検討する際には、被害範囲の物理的距離を考えることがとても重要になる。

 本資料は、企業がDRを策定するときに知っておくべき基本的な知識を解説している。今後、確実に発生するとされる南海トラフ地震や首都直下型地震に備えるためにも、「DRとは何か」「BCPとDRの違い」といった基本を確認し、足下を固めておきたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。