資料の紹介

 企業の多くは、自然災害や大規模火災、テロ攻撃などの被害に遭った際に、中核ビジネスを継続し早期復旧を可能にするための「事業継続計画(BCP)」を策定している。BCPの一要素であるITシステムのディザスタリカバリー(DR)は、ITがビジネスの生命線となった現在、ますます重要になっている。

 しかし、一口にDRといっても、様々な実現手段がある。自社の目的に沿った手段を選んでおかないと、万が一、大規模な被害に会った際に、思ったほど効果をあげられない事態にもなりかねない。それでは、どのような基準でDRの実現手段を選択すれば良いのだろうか。

 本資料では、DRの基本的な実現手段と特徴、および実現手段を選択する際の重要な判断基準となる「スピード」と「コスト」についての考え方を解説する。両者は一般にトレードオフの関係となるため、両者のバランスをビジネス視点から見極めることが重要だ。さらに実現手段の一例として、南海トラフや首都直下型地震の被害リスクが少なく、いざという時に駆け付けやすい立地条件にあるというデータセンターを紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。