資料の紹介

 ITが企業活動の重要な基盤となっている現在、大規模地震などの災害発生時にもサービスを継続し、業務停止による損失リスクを軽減させるために、ディザスタリカバリー(DR)サイトを構築する企業が増えている。その一方で、DRサイトの必要性は感じながらも、導入の検討に至っていない企業も少なくない。

 DRサイト用のデータセンターを既存サイトとは別に用意しようとすれば、単純計算でコストは2倍に膨らんでしまう。「運が良ければ使わずに済むかもしれないものに、そんなコストはかけられない」というのが多くの企業の本音だろう。DRサイトの導入を決断した企業にとっても、コストは大きな課題となっている。

 本資料では、実際にDRサイトを構築した企業の声から浮き彫りになった、「DR向けのデータセンター選びで重視されること」について紹介する。あわせて、南海トラフや首都直下型地震などの被害リスクが少なく、いざという時に駆け付けやすい立地条件にあり、雪と外気を活用したハイブリッド冷房によりコストを抑えられるというデータセンターを紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。