資料の紹介

 システム同士を連携させ、新しい価値を創造するデジタルトランスフォーメーション(DX)を具体化するため、REST APIといったAPIの開発や、APIを利用するシステム開発が加速している。しかし、リリースサイクルが短くなる一方の開発現場では、APIとアプリの品質を確保するためのテスト工程について、新たな課題が発生している。

 APIの利用者と開発者は、別のプロジェクトや別の組織に属しているのが一般的だ。そのため、テストは各チームが個別に実施する必要があるが、API利用者側ではAPIが無いのでUIアプリのテストが十分にできず、API開発者側ではUIアプリが無いのでAPIのテストが十分にできない、といった膠着状態に陥りがちだ。

 本資料では、APIのテスト自動化およびAPI仮想化を組み合わせることで、各チームが独立して効率よくテストを実施できるようにする手法を紹介する。APIのテスト観点と、APIの仮想化が必要になるユースケースについて、よくある課題を挙げて説明し、どのようにテストを効率化できるかを説明している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。