資料の紹介

 ソフトウエア開発において、ソフトの品質を保証するテストは極めて重要な工程である。しかし、加速するビジネスの要求に応えるため、テストに割けるリソースは減少傾向にある。そんな中、現場の担当者だけでなく、管理者・経営者層の中でも「テスト自動化」への期待と需要が高まっている。

 その一方で、テストを自動化しても効果が出ないばかりか、「作業工数や開発コストが増えた」「テスト用スクリプトの作り直しが毎回発生してコストがかさむ」といった声は後を絶たない。こうした“イケてない”テスト自動化の多くは、対象範囲が明確でない、汎用性や保守性が考慮されていない、といったことが原因だ。

 本資料では、テスト自動化で起きがちな失敗を防ぐための取り組みとして、フィジビリティスタディ(事前調査)の進め方と、考慮すべきポイントを解説する。フィジビリティスタディを通じて、自動化の効果が出やすい対象範囲を洗い出し、そこに自動化を試験的に適用することで、失敗を未然に防げるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。