資料の紹介

 働き方改革関連法案のひとつである「時間外労働の上限規制」は、残業時間に月45時間の制限を設けるものだ。現状の平均47時間よりも厳しい。では、残業時間を生んでいる原因はなんだろう。

 それはたとえば、上司と部下のコミュニケーションだ。さまざまな書式で活動報告を行っていると、余分な時間がかかる。たとえ書式をExcelで統一していても、名刺情報登録、会議資料、日報、案件リスト更新、予実管理表、スケジュールなどのファイルを個別で作成するのは手間であり、内容的にも重複が生じる。さらにこうした情報を共有しないまま会議を行うと、確認のための会議となり、時間もかかる。また、稟議書の作成や承認といった手続きにも時間がかかる。

 本資料は、これらの問題を解決するITツールについて紹介するものである。実際に会議から1時間半から15分に短縮し、売上が200%増加した導入事例についても紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。