資料の紹介

 市場の変化が激しい今、産業機器メーカーは常に、既存の競合他社のほか、想定外の新規参入企業による脅威にさらされている。市場シェアを守り、ビジネスを成長させるには、ビジネスプロセスを再考し、既存のサイロ化したシステムを統合することで、ニーズの変化に即応できる業務プロセスを実現しなければならない。

 かつてのように、「モノ」を開発して売るだけでは早晩、国内外の競合に後れを取りかねず、顧客からのフィードバックを得ながら、継続的に製品を洗練させていくことが、競争優位のカギとなる。そこで欠かせないのが、新しい技術を活用したプラットフォームにより多くのプロセスやシステムを結び付け、製品ライフサイクル全体のトレーサビリティを実現する「デジタルスレッド」の構築である。

 本資料では、上記の課題を解決し、製品ライフサイクル全体のトレーサビリティを実現する「デジタルスレッド」への移行の道筋を示すとともに、川崎重工業、GE Aviationなど4社の取り組みを紹介する。ビジネスプロセスを再考し、孤立したシステム群をデジタルスレッドに接続することで、戦略的なプロジェクトにも対応可能なビジネス基盤を実現できる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。