資料の紹介

 労働人口の減少が続くなか、人手不足に悩まされている生産現場も多いことだろう。生産ラインにロボットを導入すれば、人員確保の問題を解決し、生産を上げることもできる有効な手段になりうる。ロボットなら24時間365日、決められた作業をやり続けるからだ。しかし、製造現場ではロボット導入のスキルや経験が不足している場合が多く、ロボットラインの工程設計が難しい。

 ありがちな失敗例としては、すでに出来上がっている人間による製造工程や作業手順を単純にロボットで置き換えたため、かえって作業時間がかかってしまうことがある。ロボットは人間ほど器用に動かないため、人間とは同じ動作はできない事を前提に工程設計をしなければならないのだ。

 本資料では、ロボットと人間のラインの違いやロボットを導入する際の基本的な考え方から、ロボットラインの工程設計の流れ、導入検討のステップなどについて解説し、合わせて、ロボット導入をトータルでサポートするパッケージソリューションについても紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。