資料の紹介

 医薬品、化粧品、食品などのプロセス製造業各社は今、多くの課題を抱えている。規制要件の変化、業界の再編、競争の激化など、日々変化する市場環境にあって競争力を確保するためには、計画から在庫、品質、原価までを適切に管理するだけでなく、変化への対応や業務効率向上の基盤となる生産管理システムが不可欠だ。

 しかし、生産管理システムを導入すれば解決というわけではない。とりわけ中堅プロセス製造業の場合、多くの大企業が導入している有名な製品は、導入や追加の保守・コンサルティングにコストがかかり、負担が重すぎることが少なくない。一方、低価格の製品は、プロセス製造業に標準対応しておらず、使い勝手が悪かったり、カスタマイズなどに追加コストがかかったりする場合がある。

 本資料では、中堅プロセス製造業各社が生産管理システムの製品選択にあたって留意すべき3つのポイントについて解説する。その上で、それらを満たす選択肢の1つとして、生産・販売・原価統合管理パッケージを提案する。プロセスパッチ型(医薬品、化粧品、食品)生産に特化した中堅企業向けの生産管理システムであり、受注生産/見込み生産/混合型などさまざまな形態に対応する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。