資料の紹介

 近年のソフトウエア開発では、フルスクラッチでコードを書くことはほとんどない。既存コードの流用やオープンソースの活用など、実績のあるコードをベースにして変更を加える「エンハンス開発」が一般的になっている。

 しかし、同じ「影響範囲の特定」でも、設計フェーズとテストフェーズとでは目的が大きく異なる。設計フェーズでは、変更の影響を受ける箇所を減らすことが目的になる。一方のテストフェーズでは、変更で影響を受ける箇所に対し漏れのないテストをすると同時に、影響が及ばない箇所に対するテストを削減することが目的となる。

 本資料では、構造解析情報から影響範囲を特定する手法について説明した後、動的テストツールと組み合わせて使うことで、影響範囲特定の作業効率を改善できる二つのツールを紹介する。関数間の呼び出し関係を示すコールグラフに影響度情報を付加したり、コード変更によって影響を受ける関数の動的テスト環境とエビデンスを作成したりできる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。