資料の紹介

Unityの最新技術を駆使して制作したフォトリアリスティックなデモ素材「Unity Japan Officeプロジェクト」(画像提供:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
「Unity Japan Officeプロジェクト」は、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの本社オフィスをVR空間として忠実に再現しており、設計変更の様々なシミュレーションが可能だ(画像提供:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、同社のオフィス空間を再現した建設業界向けデモアプリケーション「Unity Japan Officeプロジェクト」の無償配布を開始した。

 Unityはゲームをはじめ、世界中で様々なVRコンテンツ制作に用いられている。建築分野でも、複数の設計者が空間イメージを共有しながら効率よく設計を進めるツールとして活用できる。

 「Unity Japan Officeプロジェクト」は、内装や調光をはじめとするシミュレーションを、リアルタイムで実行できるWindows 10向けのアプリケーション。3次元BIMソフトRevitや点群データを活用し、高性能なレンダリング機能を有するUnityの最新技術を駆使して制作されており、その視覚効果を実感できる。

 本アプリケーションとUnityを用いた開発事例の詳細は、以下からダウンロードできる資料に掲載している。

[問い合わせ]
問い合わせ先:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン
電話:
URL : https://unity.com/ja

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。