Webシステム開発現場にて、このような課題はございませんか?

・老朽化したシステムを刷新したいが、人もお金も限られている。
・RPGやCOBOL、VBなどのスキル/ノウハウを生かし、
   Webシステム開発にすぐに取り掛かりたい。
・環境構築の手間や場所に縛られない開発スタイルを目指している。

コスト&リソース不足、開発生産性、品質の維持など、
システム開発現場&利用現場では様々な課題があるのではないでしょうか。
本セミナーでは、上記のような課題を解決できる超高速開発ツールの
最新トレンドやそのツールの一つである『Web Performer』および
ワークスタイルの変革を強力に支援するリモートデスクトップクライアント
『Ericom AccessNow』の、実際に導入された企業様の活用事例を、
デモンストレーションを交えてご紹介いたします。

☆以下の事例をご紹介!
◆SAPジャパン主催 SAP NOW Tokyoで発表した、
SAP Cloud Platform上でのWeb Performer活用術
◆銀行業務システム開発にアジャイル開発+Web Performerを適用された事例
◆時代ごと、システムごとに存在するワークフローアプリケーションを、
Web PerformerとWeb PerformerWfを使って共通基盤として統一した、
キヤノンマーケティングジャパンの事例
◆Web Performer開発環境の仮想化事例

■セミナープログラム
・超高速開発/ローコード開発の現状とWeb Performer製品ロードマップ
・Web Performer概要紹介/デモンストレーション/活用事例ご紹介
・ローコード開発にも使える!仮想化ソリューション「Ericom AccessNow」ご紹介

■日時・会場
 2019年10月18日(金) 14:00~16:30
 グランフロント大阪北館タワーC8階 ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC RoomC05