キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、超高速開発/ローコード開発プラットフォーム「Web Performer(ウェブパフォーマ)」と、Webアプリケーション開発環境と実行環境をスピーディに利用できるクラウドプラットフォーム「WebPerformer Cloud(ウェブパフォーマ クラウド)」の新バージョンを2020年5月12日より販売開始します。

多くの日本企業は日々変化するビジネス環境に対応するために、先進技術を取り入れながらデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、それに対応したスピーディなシステム開発が必要となります。

「Web Performer」はキヤノンITSが培った自動化技術により超高速開発/ローコード開発を実現するプラットフォームです。新バージョンの「Web Performer V2.4」では開発の柔軟性を向上させる機能強化に加え、生成したWebアプリケーションの利用状況の可視化が可能になりました。これにより、さらなるシステム開発の生産性向上と、開発部門と運用部門の連携強化によるDevOps(※1)が実現できます。

■自動生成とJavaScriptやロジック部品を組み合わせた柔軟な開発により、開発生産性とWebシステムのユーザビリティ向上を実現
自動生成するWebアプリケーション画面にサードベンダー提供のJavaScript部品やスクラッチで個別開発した部品を容易に組み込めるようになりました。また、サーバー側のロジックのカスタマイズ範囲を拡張しています。これにより、部品やスクラッチと「Web Performer」による自動生成を柔軟に組み合わせた開発が可能となり、「Web Peformer」の適用範囲拡大の他、さらなる開発生産性の向上を実現します。また、システム利用者からのWeb画面および操作性に関する複雑な要望にも対応しやすくなることで、Webシステムのユーザビリティ向上を実現します。

■システム利用状況の可視化により迅速なシステム改善、サービス提供が可能
「Web Performer」で自動生成したWebアプリケーションの出力ログが、より柔軟かつ詳細になりました。出力ログを市場で提供されている一般的なログ分析ソリューションと組み合わせることにより、Webアプリケーションの利用状況を可視化、分析できるようになります。例えば、各画面で実行される機能の処理時間、エラーチェックの実行頻度が可視化されるので、レスポンス改善や操作性向上に向けた分析、そして素早いシステム改修に繋げることができます。システム運用者の分析・調査の負荷を大幅に軽減し、システム開発者と運用者間の円滑なコミュニケーションを支援、ならびに効果的なDevOpsを実現できます。

■クラウドプラットフォーム「WebPerformer Cloud」の機能強化
「WebPerformer Cloud」は、Web Performerによる開発に必要な環境とWebアプリケーションの実行環境をセットで提供するクラウドプラットフォームです。このたび、「WebPerformer Cloud」に含まれる実行環境について、システム開発の規模に合わせた柔軟な選択が可能となりました。クラウド活用のスモールスタートをはじめ、負荷分散や高信頼性を考慮した本格的なクラウド上のWebシステム開発・実行にもご利用いただけます。

キヤノンITSは、「Web Performer」シリーズの機能を継続して拡張することで、自動生成プラットフォームによる開発の市場拡大を図り、2022年までに50億円(導入支援、システム開発を含む)の売上を目指します。1,000社を超える既存のWeb Performerユーザー様にも「WebPerformer Cloud」を活用する新たな価値を提供していく他、50社を超えるWeb Performerパートナー企業との協業強化により「Web Performer」および「WebPerformer Cloud」の全国規模での市場拡大を狙います。

(※1)DevOps
開発(Development)と運用(Operations)を合成した言葉で、開発担当と運用担当が連携しながらITシステムの開発を行うこと。