様々な分野で広がるAI/機械学習の活用。ヘルスケア業界での期待もますます高まっています。機械学習に必要不可欠である各種データはその種類も量も機械学習の活用に応じて増加することが予想され、これらのデータをクラウドで管理するケースも増えてきました。
しかしながら、医療情報を扱うクラウドサービスは、医療機関における安全なクラウド利用の在り方を定めた国のガイドラインへの準拠が必要となります。

本セミナーでは、近年注目されているヘルスケア業界におけるAI/機械学習の活用と、医療情報システムのクラウド化において求められるガイドラインへの対応ポイントについてご紹介いたします。

■セミナー概要■

 タイトル:【オンライン】ヘルスケア業界における機械学習と安心・安全なクラウド活用
 開催日時:2020年12月8日(火)15:00 ~ 16:15  
 参加方法:オンラインセミナー(全国どこからでも参加可能です)

■アジェンダ■

 ◆第一部◆AIプラットフォームDataRobotによる医療データ解析の新しいアプローチ

 [講演]DataRobot Japan
   リージョナルディレクター, データサイエンス
   伊地知 晋平氏

 病院・クリニックでの治療や健診時に計測・収集されているリアルワールドデータ(RWD)から価値ある知見を得るための手段として、近年AI/機械学習が注目されています。
 エンタープライズAIプラットフォームDataRobotは臨床研究や創薬の現場でもご利用いただいていますが、それら国内外でのユースケースをご紹介しながら、医療データ解析の新しいアプローチについて解説いたします。
 
 ◆第二部◆ヘルスケア業界でのクラウド活用 ~医療情報ガイドラインとAWS活用~

 [講演]キヤノンITソリューションズ株式会社
   デジタルビジネス開発本部 クラウドサービス推進部
   部長
   上島 努

 様々なシステムでクラウド活用が求められる昨今、ヘルスケア業界でもその動きは強まっており、Withコロナの時代はさらにその重要性が増すことが予想されます。
 一方、医療情報を扱うクラウドサービスは、厚生労働省、経済産業省、総務省が定める
 『3省ガイドライン』に準拠しなければなりません。
 本セミナーでは、医療情報システムのクラウド化において遵守すべきガイドラインの動向とAWSを利用する際の対応ポイント、弊社がご提供するAWS活用支援ソリューションをご紹介いたします。

※セミナー内容等は、都合により予告無く変更する場合がございます。ご了承下さい。
※同業他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。