『発注』は、ビジネス上だけでなく、私たち一人ひとりが普段の生活の中で、無意識のうちに適切な方法を考えて行っている、とても身近な行為です。例えば10月に子供の運動会があるとき、それまでに新しい運動靴が欲しいと思ったら、半年前から発注する人はいないでしょうし、また逆に、前日に注文する人もいないでしょう。
多くの企業にとって重要な経営課題である需要予測・需給計画。
コツやポイントを抑えないまま需給業務を行うと、在庫過多や余計な作業負担といったさまざまな問題に直面してしまいます。
キヤノンITソリューションズのシニアコンサルティングスペシャリストが、『スーパーおおした』を舞台に、「発注業務」に関する【いろは】を解説します。

■コラムについて■
本コラムは【上級編】もご用意しています。
【上級編】では急激に変化する経済・社会環境のさまざまな課題を踏まえ、今後必要とされる需要予測・需給計画の取り組みやポイント、問題解決のためのヒントをわかりやすく解説しています。是⾮、あわせてご覧ください。

▼コラム記事⼀覧はこちら
https://www.canon-its.co.jp/products/foremast/topics/?category=7046?utm_source=nikkeixtech&utm_medium=referral&utm_campaign=nikkeixtech202104