食品製造業は、人々の生活をささえる社会インフラとして食の安心と安全を第一に
最良品質の食品を提供することが求められています。
工場では、状況変化に対応するために製品ごとの損益状況を正しく把握することが
重要となりますが、多くの企業は損益管理への業務負荷が大きく、短期間で正確な
損益管理を行おうとしても多くの壁があるのではないでしょうか。

本セミナーでは、食品製造業の「原価管理・損益管理」における良くある課題や
解決メソッドを、マルハニチロ株式会社をお迎えして、弊社システムエンジニアと共に
徹底解説します。

◆開催概要◆
【日時】2021年8月23日(月)15:00~15:50
【会場】オンライン(全国どこからでも参加可能です)
【定員】100名様
【参加費】無料(事前登録制)

◆アジェンダ◆
【Session1】ソリューション紹介
 mcframe原価管理オプション『損益管理テンプレート』のご紹介
【Session2】対談
 損益管理テンプレートの活用ノウハウ
【Session3】特別対談
 《よもやま対談》マルハニチロと語らう「食品製造業に想うこと...」

━━━━━━━━━━━━━━━━
本セミナーでご紹介する「損益管理テンプレート」とは……?
────────────────
製造業の多種多様なニーズにお応えできる国産の原価管理システム
「mcframe原価管理」において、マルハニチロで実践する手法と帳票をテンプレート化し、ベストプラクティスとして取り入れられるオプションソフトウェアです。

各種損益表・差異分析表・工場レポート・シミュレーションなど12種類の帳票を自動作成。
属人化しがちな現場の作業負荷を軽減するほか、最適な損益管理に向けた業務改革指針の判断材料として有効に活用できます。

作成できる帳票の一覧や導入で期待される効果については、こちらをご覧ください。
https://www.canon-its.co.jp/products/mcframe_cost/plmanagement_template/