報道各位
2021年3月2日
プレスリリース
=================================================
  メール誤送信防止「Active! gate」をKDDIウェブコミュニケーションズの
        レンタルサーバー「CPI」のオプションとして提供開始    
=================================================
 株式会社クオリティア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下「クオリ
ティア」)は、ホスティングパートナーである株式会社KDDIウェブコミュニケーション
ズ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:山崎 雅人、以下「KDDIウェブコミュニケー
ションズ」)のレンタルサーバー「CPI」のオプションとして新たに、メール誤送信防止
「Active! gate」の提供を2021年2月25日より開始したことを発表いたします。

 レンタルサーバー「CPI」は、1997年から20年以上に渡って快適なサイト表示やメー
ル利用、大容量・高速回線、安全性重視のサーバー構築・運用など、一貫してビジネス
用途に求められるサービス品質を追求し、ウェブ制作会社・大手企業・官公庁・外資系
企業などで利用されています。「CPI」のメールにおいては以前よりビジネスWebメール
「Active! mail」が採用されています。この度、強固なアウトバウンドセキュリティ対
策として、メール誤送信防止「Active! gate」がオプションとして追加可能となりまし
た。メール・添付ファイル経由の情報漏えい対策、情報資産の持ち出し防止需要が高ま
る中、「CPI」をお選びのお客様により安全なビジネスメールの利用を後押しします。

■「Active! gate」について
「Active! gate」は、”うっかりミス”や“意図的な情報漏えい”によるメールや添付
ファイル経由の情報流出を防止するメール誤送信防止製品です。「送信メールの一時保
留」「添付ファイルの暗号化」「添付ファイルのWebダウンロード」「Bcc強制変換」
「送信拒否」「時間差配信」「上司承認」の7つのアプローチをひとつの製品で提供し
ます。管理者/グループ/ユーザーによるポリシー設定が可能で、保留メールの確認画面
の自動スクロール、添付ファイルのプレビュー機能/Webダウンロード指定/自動Zip暗
号化など、きめ細かなポリシー設定項目と多彩な機能を実装しています。
 参考リンク:https://www.qualitia.co.jp/product/ag/

■大手企業や官公庁に採用される、ビジネス用途に適したホスティングサービスを提供
するブランドです。ウェブサイトやメール利用など、ビジネスに必要な要素をすべて備
えた共用サーバーや、幅広いニーズにお答えできる高性能な専用サーバーなど、お客さ
まの用途にあわせた各プランをご用意しています。
 参考リンク:レンタルサーバー「CPI」 https://www.cpi.ad.jp/

■クオリティアについて
株式会社クオリティアは、国内で開発・販売を行っているメッセージングソリューショ
ンカンパニーです。メールやメールセキュリティを中心とした事業展開を行なっており、
主力製品であるWebメール「Active! mail」や大規模メールシステム「DEEPMail」など
を通じて、企業、官公庁、国内主要大学でのコミュニケーション効率化やIT人材の育成
に貢献しています。また、Microsoft 365やGoogle Workspaceと連携するクラウド型
メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」、クラウド型メールアーカイブサービス
「Active! vault SS」などを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステムの構築を
支援しています。近年では、標的型メール攻撃対策ソリューション「Active! zone」が4
00を超える地方自治体に採用され、現在ではサンドボックスを備えるなどより機能強化
しエンタープライズにも導入が進んでいます。さらに2020年秋には、セキュリティを担
保しながら業務の利便性を向上させる新しいビジネスツールとして、メール・Web会議
・チャットをシームレスにつなぐ新しいコミュニケーションプラットフォーム
「QUALITIA CLOUD」をリリースし、変化する働き方に対応したサービスを提供してい
ます。
 参考リンク: https://www.qualitia.co.jp/
 
■本リリースのお問い合わせ先
株式会社クオリティア 
営業本部マーケティング部 稲垣
email: press_pr@qualitia.co.jp 
phone: 03-5623-2532