東日のトルクレンチは海洋構造物にも数多く使用されています。

近年開発が進む、海洋での石油/ガスの生産。海洋石油掘削リグ、石油生産プラットフォーム、浮体式石油・ガス生産・貯蔵・積出設備等にも東日のトルク機器は使用されています。

大型トルクレンチQLE2/CLE2/DQLE2/PHLE2シリーズは、トルクレンチ本体とエキステンションハンドルが分離できコンパクト収納が可能。
海洋構造物など工具の収納場所が狭い環境に最適です。

また東日の交換ヘッドは世界トップクラスの品揃えで、特殊品製作の手間と時間がかからずに済みます。

◆2018/11/21に無償配布を開始した「トルクハンドブックvol.9」(図-3)のP09に掲載してあります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
下の【この PR News の情報をもっと見る】をクリックすると、トルクハンドブックvol.9の無料送付のご案内画面が開きます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【東日製作所】 https://www.tohnichi.co.jp/
株式会社東日製作所(本社:東京都大田区、設立年:1949年5月、代表取締役:辻修)はトルク機器のグローバルニッチトップ企業※です。
Your Torque Partnerのブランドスローガンの下、トルク技術を通じて安全な社会の実現に寄与致します。また4つのサービス(製品サービス・ビフォアサービス・アフターサービス・ワールドワイドサービス)により安心して東日製品がお使い戴けるよう努力しております
※2014/3/17発表、経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」より

図-1 海洋構造物のトルク管理
図-2 海洋構造物で使われるトルク機器
図-3 トルクハンドブックvol9