■□ プリセット形・単能形・プリロック形トルクレンチの違い □■

クリック式トルクレンチ本体のトルク目盛の有無で分かれ、トルクセット(「カチン!」となるトルクの設定)方法が異なります。

【プリセット形トルクレンチ】
代表的なクリック式トルクレンチ「QL」のようにトルクレンチにトルク目盛があり、設定トルクに達すると締付け完了を知らせる「カチン!」の増減を簡単に手元で変えられます。
ただし便利な反面、不用意に設定トルクを変えられてしまう場合があります。
※図1参照

代表機種:QL / CL / DQL / MTQL / QLLS / MQL シリーズなど。
※図2はプリセット形トルクレンチの例。上からQL10N、QL100N4、QL100N-MH

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
下の【この PR News の情報をもっと見る】をクリックすると、東日製作所Webサイトのプリセット形トルクレンチのページに移動します。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【東日製作所】 https://www.tohnichi.co.jp/
株式会社東日製作所(本社:東京都大田区、設立年:1949年5月、代表取締役:辻修)はトルク機器のグローバルニッチトップ企業※です。
Your Torque Partnerのブランドスローガンの下、トルク技術を通じて安全な社会の実現に寄与致します。また4つのサービス(製品サービス・ビフォアサービス・アフターサービス・ワールドワイドサービス)により安心して東日製品がお使い戴けるよう努力しております
※2014/3/17発表、経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」より

図1 プリセット形トルクレンチ
図2 プリセット形トルクレンチの例