■□ プリセット形・単能形・プリロック形トルクレンチの違い □■

クリック式トルクレンチ本体のトルク目盛の有無で分かれ、トルクセット(「カチン!」となるトルクの設定)方法が異なります。

【プリロック形トルクレンチ】
トルクレンチにトルク目盛がありますが設定トルクを変えるには工具が必要です。
締付け作業中の不用意な設定トルクの変更がされ難く、ヒューマンエラー対策に有効であり、かつトルク調整はテスタが無くても行える、プリセット形と単能形の利点を取り入れたトルクレンチです。
※図1参照

代表機種: PQL / PCL / MPQL / PQLLS /PQLZ シリーズなど。 
※図2はプリロック形トルクレンチの例。上からPQL100N4、TiQL180N、MPQL100N4

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
下の【この PR News の情報をもっと見る】をクリックすると、東日製作所Webサイトのプリロック形トルクレンチのページに移動します。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【東日製作所】 https://www.tohnichi.co.jp/
株式会社東日製作所(本社:東京都大田区、設立年:1949年5月、代表取締役:辻修)はトルク機器のグローバルニッチトップ企業※です。
Your Torque Partnerのブランドスローガンの下、トルク技術を通じて安全な社会の実現に寄与致します。また4つのサービス(製品サービス・ビフォアサービス・アフターサービス・ワールドワイドサービス)により安心して東日製品がお使い戴けるよう努力しております
※2014/3/17発表、経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」より

図1 プリロック形トルクレンチ
図2 プリロック形トルクレンチの例