さまざまな産業において始まりつつある、IoT化、AI(人工知能)活用。
移送・搬送の現場への影響や技術トレンドについて、電子・機械系雑誌の
ジャーナリストであるエンライト代表:伊藤元昭氏がわかりやすく解説します。

***************************************************************

【第9回】協働ロボットで作る、人と機械が助け合う現場

自動車や電子機器などさまざまな工業製品の工場では、いたるところで
産業用ロボットが活躍しています。重たい部品を持ち上げて所定の位置に
セットしたり、正確に溶接したり、ムラなく塗装したりと、製品を高品質
かつ効率よく生産するうえで、欠かせません。

そんな産業用ロボットが、近年さらに進化。人と連携して働く機能を身に付け
これまで自動化が困難だった現場にも導入できるようになってきました。
こうした新しいタイプのロボットは、「協働ロボット」と呼ばれます。

コラムは『この PR Newsの情報をもっと見る』からご覧ください。