■■■キーサイトウェブセミナー「Keysight World Online 」■■■

自席のPCから参加でき、約60分で計測や最新動向を学べる無料セミナー。 
RFに加え、デジタル、電子デバイス他、各種コースを毎月開催中です。
ここでは、11月開催の7セミナーをご案内します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  2019/11/21(木) 9:30~
┗■  『今、聞こえていますか?モノの干渉(Interference of Things)に対処するためのヒント』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RFスペクトラムの現状の概要を、現在のスペクトラムの混雑状況を例に説明するほか、 IoT無線プロトコルと周波数バンドについてや、共存テストのプロセスとそれが無線製品の信頼性の向上にいかに役立つかについても説明します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  2019/11/21(木) 11:00~
┗■  『EV(電気自動車)とEVSE(充電設備)エコシステム全体を対象としたテストソリューション』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電気自動車全体の要件を満たすには、各コンポーネントの個別のテストとシステムとしてのテストを実行することが重要です。本セミナーでは、充電テクノロジーテスト、インバーターテスト、バッテリーテストなどについて説明します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  2019/11/21(木) 13:30~
┗■  『セルラーV2X (vehicle-to-everything)のテストの課題とソリューション』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

C-V2Xの測定要件とテストの課題について説明するほか、C-V2Xテクノロジーのステータスと標準、C-V2X認定テスト環境における最新アップデートについても説明します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  2019/11/21(木) 15:00~
┗■  『自動運転車への道のり - 車載用イーサネットテスト』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高速デジタル特性評価の基本について説明するほか、車載用イーサネットのネットワーキングエレメントの実装とテストの課題などについても説明します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  2019/11/22(金) 10:30~
┗■  『400G用のデザイン - 56 Gbaud PAM-4の落とし穴の回避』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最先端の400GシステムのPCボードデザイナーが直面する最大の課題について、対処方法を説明します。また、体系的なEDAシミュレーションソリューションを使用して、最先端のSerDesリンクで許容されるモード変換とスキューの量を調べる方法を紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  2019/11/22(金) 13:30~
┗■  『理想的な電源分配回路のパワー・インテグリティー・デザイン』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

PIエコシステムの大信号と小信号の応答をシミュレートするためのツールとテクニックについて説明するほか、コンポーネントの測定ベースのモデルを使って確度を向上させる方法を説明します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓  2019/11/22(金) 15:00~
┗■  『賞に輝いたミリ波RFICのデザイン:体験と解析』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ミリ波周波数用の信頼性の高いRFデザイン手法のほか、デザインの初期段階で電磁界シミュレーションとシステムシミュレーションを使用する利点などについて学びます。

━━━━━━━━
■お申込み:
━━━━━━━━
お申込み、また他のコースの概要は、このページの下部、「このPR Newsの情報をもっと見る」ボタンよりご覧いただけます。お客様のご参加を心よりお待ちしております。

計測や最新動向を学べる無料セミナーです