このアプリケーションノートでは、一般的な温度測定と、その確度を向上させるための手順について説明しています。ここでは、最も一般的な温度トランスデューサーである熱電対、RTD(測温抵抗体)、 サーミスター、IC(集積回路)センサの4種類を中心に説明します。

熱電対は最も広く利用されているにもかかわらず、その使用方法が間違っていることがあります。 そのため、主に熱電対の測定手法に焦点を当てて解説します。

さらに、本書で紹介するすべての数式の基本である熱電対の経験則、熱電対の理論についての詳細、具体的なアプリケーションで熱電対を使用する場合に最適なタイプの熱電対についても解説します。 このアプリケーションノートでは、トランスデューサーの配置、シグナルコンディショニング、測定システムなど、実際の温度測定を主に説明しています。

[このPR Newsの情報をもっと見る]ボタンからお進み頂くと、無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

無料ダウンロード
無料ダウンロード