■■ 電子負荷の基礎 ■■
電源の極性に関する約束事の概要

電子負荷について詳しく学ぶ前に、電源の極性に関する約束事について見てみましょう。この基本原則を知ることで、電子負荷の動作が理解しやすくなります。

図1は、電源(2端子デバイス)のダイアグラムです。この電源は電圧と電流に関して標準的な極性を持っています。標準的な電源は、一般的にパワーを供給します。パワーを供給するには、電流が正の電圧端子から流れ出る必要があります。ほとんどの電源は、正の出力電圧と正の出力電流を供給することでエネルギーを供給します。極性は一般的に電圧の極性を指し、電流の方向ではありません。電流が正の電圧端子に流れ込む場合、電源は電流をシンクしており、電子負荷として動作しています。パワーを供給するのではなく、吸収して消費しているのです。

続きは、[このPR Newsの情報をもっと見る]ボタンからお進み頂くと、無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

図1
図1
無料ダウンロード
無料ダウンロード