Vicor社(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Patrizio Vinciarelli、以下:Vicor)は、Phasor社(本社:米国バージニア州、CEO: David Helfgott、以下:Phasor)が、Vicorの独自技術であるFactorized Power Architecture™(FPA)を用いて、モバイル衛星ブロードバンド接続の信頼性を大幅に改善し、より高性能なモバイル通信を実現したと発表しました。

Phasorは、衛星ベースのモバイルブロードバンド用エンタープライズグレードの電子スキャン方式アンテナ(ESA)システムのリーディングデベロッパーであり、これまで移動中は不可能だった接続速度と帯域幅を提供する新しいシステムのための電源ソリューションをVicorと共同で開発しました。

このテクノロジーは、航空、海事、陸上移動、防衛などのアプリケーションで信頼性の高い衛星通信を実現する上で大きなブレークスルーとなり、ユーザーが様々な交通手段で移動しながら、中断することなくマルチ接続のビデオ会議を開催したり、ドロップアウトのないビデオと音楽のストリーミングができるようになります。

Phasorの薄型でフラットまたはコンフォーマルなソリッドステート電子制御アンテナシステムは、列車などの車両の屋根に組み込むことができ、厚さ25mm未満で、幅2.4m以上のディッシュアンテナの性能を実現できます。

VicorのFPA技術により、非常に低い電圧で大電流が給電できたため、Phasorのモバイル通信システムは、薄型ながら高い電力密度を実現しています。
Phasorのオペレーション担当バイスプレジデント、Mike Warren氏は、次のように述べています。
「Vicorは、Phasorの製品の差別化のための技術革新をサポートする重要なパートナーです。FPA技術は当社のESAに不可欠な役割を果たしており、製品の商業展開にあたり、引き続きVicorと協業することを楽しみにしています。」

VIcorのFPAパッケージは、電圧調整のためのモジュール(PRM™)と電圧変換・絶縁のためのモジュール (VTM™)で構成されており、2つを組合わせることで、絶縁型DC-DCコンバータの機能を提供します。電圧変換モジュール (VTM)は共振コンバータであるため、ハードスイッチのコンバータと比較した場合、ノイズが非常に小さくなります。

Phasorのアンテナには、48V電源を1.5Vに変換して、65Aまたは80Aの大電流給電するVicorの技術が必要でした。(次世代のアンテナはさらに電流が増え、電圧は1Vへ下がる。)この技術は、低電圧・大電流をASICに給電する際の最大の課題です。

65Aの大電流のために従来は必要だったハードスイッチングのマルチフェーズコンバータに対して、Vicorのアプローチを使えば、はるかに優れた電力供給能力と高い効率を実現できます。

------------------------------------------------------------

VicorのFPA技術について詳しくは、
「このPR Newsの情報をもっと見る」よりご覧ください。

製品や技術に関するご質問・お問い合わせを承っております。
お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください。

Tell 03 5487 3016
sales_VKK@vicorpower.com

薄型の高出力衛星通信用アンテナ
薄型の高出力衛星通信用アンテナ
電圧調整と電圧変換・絶縁を分割する技術
電圧調整と電圧変換・絶縁を分割する技術