Vicor(バイコー)社 は、同社初の耐放射線DC-DCコンバータ電源モジュールを発表しました。

この電源モジュールは、Vicorの最新SM-ChiP™パッケージであり、100Vの入力電源から300ワットまでの電力を低電圧ASICに供給することができます。ボーイングの試験により、このSM-ChiPが50キロラドのトータルドーズおよびシングルイベントに対する耐性を持つことが実証されました。シングルイベントの耐性は、冗長アーキテクチャで実現しました。2つの同じパワートレインを並列に接続し、フォールトトレラント制御ICとともに高密度SM-ChiPパッケージに収めています。

最新の衛星通信では、高電力密度と低ノイズが要求されます。
Vicorのコンバータは、ソフトスイッチング方式であり、高周波ZCS/ZVSの電力変換ステージが金属シールドのパッケージ内に収められているので、電源システムのノイズフロアを下げることができます。これにより、必要とされる高い信頼性を備えながらシグナル・インテグリティの確保とシステム全体のパフォーマンスが実現します。

続きは、「この PR News の情報をもっと見る」よりどうぞ。

--------------------------------------------------------------

製品や技術に関するご質問・お問い合わせを承っております。
お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください。

<お問合せ先>
Vicor株式会社 (Vicor KK)
TEL: 03-5487-3016
EMAIL: sales_VKK@vicorpower.com
※お問い合わせの際は「PR News」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

O3b衛星に搭載(画像提供: SES)
O3b衛星に搭載(画像提供: SES)